スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊丹空港の「14」運用(4) ペンギンジェットのサーリングアプローチは早め

今日は昨日の最後に予告した通り、JALの羽田便の到着からお送りします。


分厚い雲が遠近法で近く見えます。
飛行機はここから旋回してこっちに向かってきます。


微妙に光が当たっています。
スタアラはまだ旋回していましたが、小回りの効く767は安定していますね〜


どうやらペンギンジェットっぽいです。
着陸のこの構図は久しぶりに撮りました。


ペンギンのカラーリングが全部見られました。


最近はペイントではなく、ステッカーが多いです。これもよーく見るとステッカーです。


そしてボンバルがやってきました。


こりゃまた脚が細いこと…w


ボンバルは片脚ずつ降ります。左が先に着いて、右が着いたけれどまだスモークが出ていないということは、機重がかかってないです。


僕の祖父が1番このJA204Jに関わっている?と思います。


大きい機材ほど鶴丸になっていますが、伊丹ではボンバル、エンブラとまだ見ることができます。


一時期Aランから738も離陸できましたが、今ではAランには着陸のみです。

この日はあまり滞在しなかったので、あと2回で終わりですが、4/4のが9割残っているので、まだまだネタは切れなさそうですw


FlyTeamのメンバーです

最後までご覧いただきありがとうございました。バナーをクリックして応援お願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たっつー様
 こんばんは。
 サークリングアプローチ(Circling Approach)の場合、航空機の旋回する幅・角度は便によってマチマチですね。
どこから旋回を開始するかはパイロットに任されているようですから、仮に777であっても風が弱ければ余裕をもって安定させることが出来るようです。
 しかし何度見てもは伊丹カーブは格好良いですよね!
家を飛び出したくなるお気持ちがよく分かります(笑)

Re: No title

kurazyさん

コメントありがとうございます。

もちろん14RはILSが設置できないので、どのタイミングかはパイロットの力量です。ANAはゆっくり旋回、JALは早くコースに乗せているように見えました。

今回の14は長くなると予想し、家から出てしまいました^_^;
プロフィール

SKY787

Author:SKY787
伊丹空港をベースに活動しております。年に2回は遠征に行きたい!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
PV数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。